【地域経営学科】八戸SDGsフォーラム

 

 

八戸のSDGsについて、地域のみなさんと考え続けます。

 

 

 

2022年3月13日「第2回八戸SDGsフォーラム」を開催報告

 本学地域経営学科主催の「第2回八戸SDGsフォーラム」が2022年3月13日に開催され、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)をテーマとした本学教員の講演、本学学生の発表、および三八地域の高校生による発表が行われました。
 高校生による発表では、オンラインで参加した6つの高校の10チームが環境保全や貧困削減、まちづくりといった側面からSDGsの達成に求められる取り組みを紹介しました。八戸市美術館2階にある「八戸学院まちなかラボ」で行われた本学学生の発表には法律、食料経済、社会福祉を学ぶゼミナールが参加し、それぞれの視点からSDGsと関連する諸課題について議論しました。本学教員の講演では、看護学科の教員から、看護の技術がSDGs達成に大きくかかわっていることが紹介されました。
 八戸学院大学では地域経営学科を中心として、SDGsに関する教育・研究活動を一層推進していくとともに、その成果を地域社会へと還元し、持続可能な地元・八戸の実現に貢献していきます。

 

 

 

2022年3月13日「第2回八戸SDGsフォーラム」を開催

 この度、本学地域経営学部地域経営学科主催で「第2回八戸SDGsフォーラム」を開催いたします。近年広く注目を集めている国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)をテーマとして、本学学生と三八地域の高校生がこれまで行ってきた研究・学習の成果を発表し、地域社会・地元で行うことのできる地球的諸問題の解決に向けた取り組みについての情報を共有し、理解を深めていきます。また、本学教員による基調講演も実施いたします。

 

 

問い合わせ先

八戸学院大学 地域経営学部 地域経営学科 横田 将志
【電話】0178-25-2711
【E-mail】 masashi-yokota@hachinohe-u.ac.jp

 

 

2021年1月27日~2月3日
「第1回八戸SDGsフォーラム」を開催報告

 本学地域経営学部主催の「八戸SDGsフォーラム」を2021年1月27日~2月3日の1週間、八戸ポータルミュージアムはっちにて開催しました。

SDGsとは何か、世界レベルの問題に対して、地域レベルでできることは何か、八戸が持続可能な都市になっていくためにはどうしたら良いか、トークイベントでは、地域経済に関する新聞記事や、八戸港の取り組みなどの話題提供をもとに地域の皆さんと考えました。

また、八戸市内4つの高校からはSDGsに関する研究活動成果を発表いただきました。SDGsの目標を身近な地域課題と接続させて、高校生ならではの視点で自分たちにできることを考えて行動した成果は、多くの市民に勇気を与えました。1週間ギャラリーに展示されたポスターには多くの応援メッセージをいただきました。

 地域経営学部として、地域の大学として、今後もSDGsや持続可能な地域について考え続けていくことが必要であり、継続的に今回のようなフォーラムを実施していきます。

 

 

・「八戸SDGsフォーラム」チラシ(PDF)

 

お問い合わせ先

 八戸学院大学 地域経営学部 地域経営学科 井上 丹

 【E-mail】inoue@hachinohe-u.ac.jp

 【TEL】0178-25-2711