7月20日(土)オープンキャンパスを開催しました

 令和元年7月20日(土)、美保野キャンパスにおいて今年度1回目のオープンキャンパスを開催しました。

 今回は学科紹介、体験授業、保護者向けプログラムで参加者の熱心に耳を傾ける姿が多くみられました。

個別相談・在学生フリートークでは、学生生活や学費・奨学金などの質問をする参加者が多く、お昼には学食体験が行われ大盛況となりました。

 次回は令和元年9月21日(土)に開催いたします。お友だち同士で、そしてご家族でぜひご参加ください。

 

9月開催の申し込みフォームはこちら。

 

当日のプログラム

  • 10:00~10:10 オリエンテーション
  • 10:10~10:40 学科説明
  • 10:50~12:00 体験授業・保護者向けプログラム

           【地域経営学科】

            1.ゲームはなぜ面白いのか ~企画というお仕事~

            2.地域経営論 高校生バージョン

           【人間健康学科】

            1-A.人の心の不思議にせまる

            1-B.私たちの暮らしと福祉 ~社会福祉士になるためには~

            2-A.養護教諭への道

            2-B.体育・スポーツ指導者として働くということ

           【看護学科】

            精神看護学領域「心の健康問題と看護について考える」

           【保護者向けプログラム】

            学校説明、国際教育関係

  • 12:30~13:30 奨学金等進学資金ガイダンス
  • 12:00~14:00 学食体験

            キャンパスツアー(施設見学)

            健康

            個別相談(教職員)

            在学生フリートーク

            健康チェックコーナー(健康医療学部)

  • 14:10      送迎バス出発 

 

 

  【オープンキャンパスの様子】

 

     

 

 地域経営学科の体験授業では、玉樹真一郎特任教授の「ゲームはなぜ面白いのか ~企画というお仕事~」、井上丹講師の「地域経営論 高校生バージョン」が行われました。

 

 

 

     

 

 人間健康学科の体験授業では、金地美知彦准教授の「人の心の不思議にせまる」、小柳達也准教授の「私たちの暮らしと福祉 ~社会福祉士になるためには~」、浜中のり子准教授らの「養護教諭への道」、工藤祐太郎講師の「体育・スポーツ指導者として働くということ」の4つの授業に分かれて行われました。

 

 

 

     

 

 看護学科の体験授業では、山野内靖子准教授らの「小児看護学」が行われました。子どもの成長と発達の素晴らしさ、その小さな生命を支える看護の楽しさを学びました。小児看護について講義し、赤ちゃんの抱っこ・体重測定・心拍を聴く体験学習をしました。

 

 

 

     

 

 保護者向けプログラムは、学校紹介と国際教育関係の紹介を行いました。国際教育関係では、国際教育センターの三浦文恵八戸センター長が、CNE1やEFエディケーション・ファースト、海外研修等の体験記や制度について説明をしました。また、総合実習館1階エントランスでは、健康医療学部で「あなたの健康大丈夫?」を題して、健康チェックコーナーを行いました。

 

 

     

 

 施設見学では、各学科の学生スタッフがキャンパス内を案内!今年7月に完成した人工芝グラウンドも見学し、そこでは本学男子サッカー部の公式戦も行われました。

 

 

     

 

 次回は9月21日(土)の開催です!みなさんのご来場お待ちしております♪

 

 八戸学院大学短期大学部オープンキャンパスの様子はこちら。