奨学金について

日本学生支援機構の他、地方公共団体や民間の団体による奨学金制度があります。(留学生は除く)奨学生の募集時期は4月から5月に集中していますが、大学が募集窓口になっているもの、各団体の広報誌などで募集し本人が直接出願するものなど取り扱いが一律ではありません。詳しい内容等につきましては、教務学生課(TEL:0178-25-2711)までお問い合わせください。

 

日本学生支援機構

日本学生支援機構は、「独立行政法人日本学生支援機構法」に基づき、2004年4月に設立され、教育の機会均等に寄与するため、学資の貸与その他学生の修学援助を行うこと等により、次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資することを目的とした機関です。奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学資として貸与されます。貸与された奨学金は返還の義務があり、必ず返還しなくてはなりません。また卒業後返還された奨学金は、後輩の奨学金として再び活用されます。(詳しくは日本学生支援機構のホームページをご確認ください。)

 

出願資格

学力・収入の基準が日本学生支援機構により定められています。

 

奨学金の種類・募集時期等

【第一種】 無利子(自宅通学者 54,000円/自宅外通学者 64,000円 )

第二種】 利子付き (3万・5万・8万・10万・12万の5種類から選択) 

 

在学採用

  • 募集時期    4月
  • 振込開始    6月
  • 貸与期間    最短就業年限の最期まで 

 

申込方法

出願に必要な書類は、説明会を開催し、説明会場で配付します。また、選考結果は、4月に申し込んだ場合、一種・二種とも6月初旬の予定です。 

 

奨学金の振り込み

奨学金は、奨学生本人名義の口座に振り込まれます。

 

  • 4月分 4月下旬
  • 5月分 5月中旬
  • 6月分以降 毎月11日(振込日が土日祝日の場合は、前営業日となります)

 

 

奨学金の継続

毎年「奨学金継続願」をインターネットにて提出する必要があります。「奨学金継続願」を提出しない、学業成績が著しく不振、修得単位数不足、学校内外の規律を乱したなど奨学生として相応しくない場合は、奨学金の停止または廃止となることがあります。 

 

奨学金の返還

満期、辞退、廃止等で貸与が終了したときは「返還確認票」が届きますので貸与金額等の確認を行い、所定の方法で返還することになります。
貸与終了後、在学などの理由により返還猶予を希望する場合は、「在学猶予願」を提出することで一定期間返還が猶予されます。

 

その他

家計が急変したり、災害等で修学が困難になった学生に対し、奨学金の貸与を行う制度(緊急・応急採用)もあります。

 

 

地方公共団体および民間団体の主な奨学金

地方公共団体や民間の団体があります。奨学生の募集時期は、4月から5月に集中していますが、大学が募集窓口になるもの、各団体の広報等で募集し、直接本人が出願するものなど取扱いが一律ではありません。出願希望者は、事前に教務学生課窓口か出身地の都道府県や市町村教育委員会又は団体へお問い合わせください。
現在、本学に案内の来ている奨学団体は、以下のとおりです。

 

  • 交通遺児育英会
  • あしなが育英会
  • 各地方公共団体奨学金(八戸市奨学金など)

 

※日本学生支援機構との重複採用を禁じている奨学団体もありますので、ご注意ください。

 

 

提携教育ローン

本学は株式会社オリエントコーポレーションと提携し、「学費サポートプラン」を導入しています。詳しくはこちらをご覧ください。