OB&OG訪問 第19回 中野 守さん
プロフィール

NPO推進青森会議 中野 守さん。七戸高等学校卒業、八戸大学20回生。在学中は、サークル「Be-Labo」を立ち上げラジオ番組を制作した。現在は、NPO推進青森会議事務局に て経理を担当。
インタビュー
Q.学生時代の思い出を教えてください。
A.ラジオ番組制作をしたことです。 スタジオ見学から始まり、リクエスト受付・ニュース確認などのAD研修、八戸中心街での生放送の経験を経て、自分たちの手で番組制作をしました。 番組は、コミュニティーFM放送「BeFM」で約2年にわたり放送されました。 友人に誘われ手伝ったことがきっかけでしたが、やっているうちに“ものづくり”の楽し さを知り、次第に誰もやっていないことをやりたいと思うようになりました。
Q.現在はどのような仕事をされているのですか?
A.経理を主に担当する他、会報やホームページによる広報にも携わっています。 高校・大学で学んだ会計関係、そして番組作りを通じて得た経験が様々な形で活かせています。
Q.在学生にメッセージをどうぞ
A.大学生活は、自らが行動することで充実した日々を過ごせます。 なんでもやってみることが大事。いろいろなことを見てチャレンジし、そこからヒントを得て、人が驚くようなオリジナリティのある何かをやってほしいです。 また、仕事にやりがいや生きがいを見い出すことが出来なくても、仕事は社会人としての責任を果たすこと、生活をしていく上での糧を得るためとし、趣味や日課に自分なりの目標を見い出す生き方もあると思います。