同窓会ニュース
2009.2.4 八戸大学・八戸短期大学
外郭三団体合同懇談会
平成21年1月31日(土)、八戸プラザホテルにおいて八戸大学・八戸短期大学外郭三団体合同懇談会が開催されました。70名が参加した懇談会には、同窓会から柳町仁会長をはじめ幹事・評議員など15名が参加しました。
懇談会では、三団体を代表して山田政信八戸大学後援会会長が挨拶、続いて蛇口浩敬大学・短大運営会議議長、鈴木宏一八戸大学学長から大学・短大の近況報告がありました。


〜大学・短大近況報告(抜粋)〜

・短大幼児保育学科と附属幼稚園との連携を強化をはじめ、光星学院全体が一体となり元気になりつつある。
・八戸短期大学看護学科(2009年4月新設)は、最終準備段階に入っており募集も順調である。
・就職については、教職員が学生個人ごとにサポートしており、現在、昨年並みの80%が内定。青森県で一番の実績であり、内定取消もない。
・「本学学生は素直で誠実だが積極性が足りない」という話しが企業の人事担当者から多く聞かれる。積極性を引き出すための工夫の一つとして "マイスター制度" を始めた。これにより少しでも自信を持って行動してほしいと思っている。



※マイスター制度・・・指定科目取得・優率の条件をクリアした学生に対して
" ビジネスマイスター" または "人間健康マイスター"という称号を与える学内の制度。