大学の概要

 

建学の精神

 

 

 

校章の由来

校章 「大学」の文字を、神に対する敬愛の心を象徴する「しゅろの葉」で囲んだものである。
しゅろは、高いことが神の知恵に、又、常緑の葉、美味なる果実、長生の故に義人にたとえられ、木の弾力性から勝利を表わすものとし、キリストがエルサレムに都入りした時、群衆が「しゅろの葉」を手にし、ホザンナを連呼して盛んに迎えたと伝えられている。

 

 

教育理念

教育基本法及び学校教育法に基づき、カトリック精神にのっとり、広く豊かな教養をもち、正しい道徳観と高い知性を有する青年の育成に努め、21世紀の要求している人間の育成、特に地方の時代の到来にこたえ、地方文化や地域経済に密着した教育をすることを理念とする。

 

 

教育目的

カトリック精神に基づき、広く豊かな教養を授け、深い専門の学術を探求せしめ、正しい道徳観と高い知性を有する民主的にして平和を愛好する人材を育成することを目的とする。 

 

 

三つのポリシー(方針)

 

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

  1. 「神を敬し、人を愛する」というカトリック精神に基づき、幅広く深い教養および総合的な判断力と豊かな人間性を身につけている。
  2. 現代社会が求めるニーズを的確にとらえ、それぞれの専門的分野において自己の社会的役割を認識し、地域社会の発展に寄与することができる。

 

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 建学の精神にのっとり、幅広く深い教養および総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するために、宗教関連科目、リテラシー教育科目、外国語科目を必修とし、その他、多様なリベラルアーツ科目を選択科目として配置する。
  2. 職業イメージや資格・免許の取得を念頭におき、学生の主体的な学修を促すためにコース・プログラム制を導入し、専門知識と技術が体系的に修得できるようにする。
  3. 地域社会の多様なニーズに応え、専門性を身につけ、考える力や表現力を備えた有為な人材を育成するため、大学共通必修科目、学部必修科目、コース・プログラム関連科目、学部選択科目を配置する。

 

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

  1. 「神を敬し、人を愛する」というカトリック精神を理解する人。
  2. 積極的な勉学意欲を持ち、学問や学生生活などで自分なりに「テーマ」や「将来の夢」に向かって取り組む意欲のある人。
  3. 地域社会が抱える諸問題を、意欲的に研究し、他者と協力しながら、粘り強くその解決策を導くことに関心・意欲のある人。
  4. 高等学校における「国語」、「数学」、「外国語(英語)」の基礎科目の学習を通じて、大学での学修に必要な読解力、表現力、思考力、コミュニケーション力を身につけている人。

 

学部のポリシー