田中 克枝

2019年04月01日現在

氏名 田中 克枝(タナカ カツエ/Tanaka Katsue)
所属/職位 八戸学院大学 健康医療学部 看護学科/教授
最終学歴/学位

弘前大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程卒業

北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修士課程/看護学修士

東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究博士(後期)満期退学

主な経歴

青森県職員(看護師:つくしが丘病院、県立中央病院、青森高等看護学院専任教員)

青森県立保健大学健康科学部看護学科 助手

福島県立医科大学看護学部 講師

弘前医療福祉大学保健学部看護学科 准教授、教授

2017年4月~八戸学院大学健康医療学部看護学科教授(現職)

主な所属学会

日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本小児看護学会、日本小児保健学会、

日本母性衛生学会、日本家族看護学会、日本発達心理学会、日本子ども虐待防止学会、

乳幼児保健学会、青森県看護教育研究会

連絡先

TEL:0178-25-2711(大学)

FAX:0178-25-2729(大学)

E-mail:tanaka-ka@hachinohe-u.ac.jp

専門分野 小児看護学
研究テーマ 母子相互作用、障がい児看護、発達障がい児の支援
担当科目
(2019年度)

小児看護学概論(大学)、乳児保育Ⅱ(幼児保育科 短大)、

小児看護援助論(大学)、小児看護学実習Ⅰ、Ⅱ(大学)、統合看護学実習

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等

著書

ナーシング・グラフィカ 小児看護学①小児の発達と看護 第5版 第1章2節

共著

2017年1月

メディカ出版

著書

G Supple場面でまなぶ小児看護学 改訂2版 第8章

共著

2012年10月

メディカ出版

著書 バイタルサイン   単著  2007年4月   へるす出版 小児看護

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等

原著

ハイリスク児をもつ母親の育児ストレスと育児支援の検討-NICU退院後1年以上経過した早期産低出生体重児について-

共著

2011

弘前医療福祉大学紀要,2(1),

39-46

研究報告

人工内耳を装用している子どもをもつ養育者の思い-聴覚障害、治療・訓練、育児について-

共著

2013

弘前医療福祉大学紀要,4(1),41-48

学会発表 保育環境による服薬、病児への対応の実態ーA市内の保育園・幼稚園・認定こども園の調査からー 共著 2018.7.

日本小児看護学会第28回学術集会講演集、p240

原著 保育かんきょうによる子どもの体調不良や病児への対応ーA市における保育園、認定こども園、幼稚園の施設職員からの調査からー 共著 2019.3.

八戸学院大学紀要,(58),

113-120

主な社会活動

項目 期間

乳幼児保健学会 評議員

平成19年~現在に至る

青森県看護協会  青森県保健師助産師看護師実習指導者講習会(小児 実習指導の方法)

平成27年~29年

青森県看護協会  教育研修 子ども虐待の講演会の講師

平成24年

福島県看護協会  訪問看護師養成講習会(小児看護)の講師 平成18年~19年

八戸市保育連合会 保育士等のスキルアップ講習会の講師

          ・乳幼児の体の発達と疾病について

          ・アレルギー疾患の理解、対応

平成30年10月24日

平成31年1月18日

三戸郡内の保育園、認定こども園の園長、主任の研修会の講師

          ・幼児虐待とその支援について

平成30年11月9日

自己紹介

平成29年4月から八戸学院大学に赴任してきました。学生の皆さんが楽しく、エビデンスに基づいた小児看護を学べるよう努力したいと思います。

 

  • banner_hu-kougi