切明 美保子

2017年04月01日現在

氏名 切明 美保子(キリアケ ミホコ/Mihoko KIRIAKE)
所属/職位 八戸学院大学 健康医療学部 看護学科/助教
最終学歴/学位 放送大学大学院 文化科学研究科生活健康科学専攻/学術修士
主な経歴

2009年04月 八戸短期大学看護学科助手(2010年08月まで)
2010年09月 八戸短期大学看護学科助教(2013年03月まで)

※2013年04月 八戸学院短期大学に名称変更

2013年04月 八戸学院短期大学看護学科講師

2016年04月 八戸学院大学健康医療学部看護学科 助教
現在に至る

主な所属学会 日本老年看護学会、日本看護技術学会、日本認知症ケア学会
連絡先 TEL:0178-38-7700(大学:総合実習館)
FAX:0178-38-7701(大学:総合実習館)
E-mail kiriake-m@hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 高齢者看護学
研究テーマ 認知症の看護、高齢者の自立
担当科目
(2017年度)
基礎演習、プレゼンテーション、高齢者看護援助論、基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ、高齢者看護実習Ⅱ、研究演習Ⅲ~Ⅳ

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等

学会発表

青森県看護協会はっち「まちの保健室」の利用ニーズ 2016年11月 青森県看護学会
論文 八戸市の地域住民の生活習慣と骨密度に関する研究(第2報)―中高年女性の生活習慣とstiffnessとの関連― 2015年03月 八戸学院短期大学研究紀要
論文 同居高齢者の認知症発症に伴う家族の「曖昧な喪失」体験 2013年09月 青森中央短期大学紀要
論文 グループホーム職員の看取りに対する思いと思いに影響を与える要因 2013年03月

放送大学大学院修士論文

八戸短期大学特別研究助成報告書

論文 認知症高齢者の家族の喪失体験に関する調査 2012年03月 八戸短期大学研究紀要

 

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等

学会発表

青森県看護協会はっち「まちの保健室」の利用ニーズ 2016年11月 青森県看護学会

 

学会発表

同居高齢者の認知症発症に伴う家族の「曖昧な喪失」体験 2013年09月 日本看護学会学術集会(老年看護)
論文 南部町における中高年層の身体特性についてーとくに身体活動レベルと肥満および骨密度との関連性についてー 2013年12月24日 八戸学院大学紀要
論文 八戸地域における住民の手洗い意識に関する実態調査 2012年03月 八戸短期大学研究紀要
論文 物忘れ相談コーナー来訪者の認知症に対する意識調査 ~第2報~ 2012年03月 八戸短期大学研究紀要
発表 認知症高齢者の家族の喪失体験に関する調査 2011年03月 青森看護教育研究会

 

主な社会活動

非常勤講師

項目 期間
光星学院高等学校専攻科 介護福祉科 2010年04月~2011年03月

地域活動

項目 期間
白山台公民館まつり(手洗い教室、骨密度測定) 2011年09月~2013年
平成会地域交流祭(手洗い教室) 2011年10月
青森県看護協会「まちの保健室」活動 2013年~
青森県理学療法士会研修講師 2013年~2015年
八戸鷗盟大学講演「物忘れは防げるか」 2014年~2016年
八戸地域広域市町村圏事務組合 介護認定審査会委員 2015年04月~
八戸市障害支援区分判定審査会委員 2015年04月~

 

自己紹介

生活をすることや、体験を重ねることにとても興味を持っています。
他の人と関わりながら、時間を共有したり、ケアすることの楽しさを伝えたいと思っています。

  • banner_hu-kougi