健康医療学部 看護学科

 

授業紹介

 

成人看護学概論​

ライフサイクルにおける成人期の位置づけと成人各期の特性(身体的・心理的・社会的を含む)を全人間的、総合的に理解するための講義です。また成人期の健康特性、生活特性および加齢の進行とそれに基づく生活習慣病の予防など健康問題を理解した上で、疾病の回復から健康増進まで成人看護の特定を概観し、成人期にある人を看護するための理論と方法を学びます。

 

在宅看護学概論

地域で疾病や障がいを持って生活する人々を看護するためには、医療保険や介護保険制度、地域の社会資源を理解して、他職種や他機関と協働できる在宅ケアを目指す必要があります。この授業では、在宅看護の基本的な考え方と在宅でできる日常生活の援助方法を学び、地域包括ケアへのニーズとそれに応えるために克服しなければならない課題を理解していきます。

 

日常生活援助論​

1年次に履修する「日常生活援助論」では、人間の生活を看護の視点からとらえ、解剖生理学と連動させながら、看護の専門性の裏づけとしての対象に合わせた看護技術を習得します。特に日常生活看護技術としての食事・清潔・排泄を中心とした看護技術について演習形式できめ細かく指導。また、安全管理の重要性についても学習します。

 

回復促進援助論

「回復促進援助論」は医療的側面から人間の健康に寄与することを目的に、診察・検査・与薬・治療・処置に伴う看護技術の基本を習得する授業で、1年次に履修します。身体各部の主要症状を緩和するために必要となる周辺科学の知見に基づくエビデンスと技術の実際について、演習を重ねながら理解を深めていきます。

 

国際看護活動論

日本の医療保健および国民の健康状態は世界のトップクラスを維持しています。そうした中で日本の看護職には、世界の人々の健康の向上のために国際的に協力することが求められています。世界の人々が置かれている生活や健康の現状を理解し、日本の看護職としての協力活動の方法を考察します。「紛争と難民と看護師」「世界の貧困と看護師の仕事」「多様な国際貢献の道」などのテーマを取り上げます。

p_human04.jpg
  • banner_hu-kougi