遠藤 守人

2017年04月01日現在

氏名 遠藤 守人(エンドウ モリト/Morito ENDO)
所属/職位

八戸学院大学 健康医療学部 人間健康学科/学部長・学科長・教授

最終学歴/学位 弘前大学医学部医学科/博士(医学)(日本大学)
主な経歴

1985年~2002年 日本大学医学部附属板橋病院第二内科学助手
1993年~1995年 米国ユタ大学医学部血液腫瘍学博士研究員
2002年~2005年 さわらび会福祉村病院長寿医学研究所研究員
2005年04月~ 八戸大学人間健康学部教授
現在に至る
※2013年04月 八戸学院大学に名称変更

※2016年04月 健康医療学部に名称変更

主な所属学会 国際腎臓学会、米国腎臓学会、国際補体学会、日本腎臓学会、日本内科学会、日本免疫学会、日本臨床免疫学会、日本リウマチ学会、日本炎症・再生医学会、日本生体防御学会、日本糖尿病学会、日本透析医学会、日本臨床栄養学会、日本成人病(生活習慣病)学会、日本人間ドック学会、日本補体学会
連絡先 TEL:0178-25-2711(大学)
FAX:0178-25-2729(大学)
E-mail mendo@hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 腎臓内科学、臨床免疫学、予防医学
研究テーマ

・腎障害の進展機序の解明と新たな治療戦略の開発

・糸球体腎炎の病態と補体系に関する検討

・地域社会における予防医学の推進

担当科目
(2017年度)

[人間健康学科]健康医療総論、健康管理論、医学一般、医学一般Ⅱ、衛生学・公衆衛生学(予防医学を含む)Ⅱ、健康科学実習、研究演習Ⅰ~VI

[看護学科]病態学I~IV、保健統計学II

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
著書 補体への招待:補体と疾患・IgA腎症、病態と補体・MACと尿蛋白 2011年 メジカルビュー社
著書 広範囲血液・尿検査・免疫学的検査(3) 【第7版】:補体および関連物質;B因子・D因子、自己抗体;抗刷子縁抗体 2010年 日本臨床社
論文 Complement 3 activates the renal renin-angiotensin system by induction of epithelial-to- mesenchymal transition of the nephrotubulus in mice 2013年 Am J Physiol:Renal Physiol
論文 Implantation of dedifferentiated fat cells ameliorates habu snake venom-induced chronic renal dysfunction in tenascin-C deficient mice 2008年 Biochem Biophys Res Commun
論文 Complement 3 is involved in changing the phenotype of human glomerular mesangial cells 2007年 J Cell Physiol
論文 Glomerular deposition and urinary excretion of complement factor H in idiopathic membranous nephropathy 2004年 Nephron Clin Pract
論文 Complement 3 is involved in the synthetic phenotype and exaggerated growth of vascular smooth muscle cells from spontaneously hypertensive rats 2004年 Hypertension
論文 Complement activation through the lectin pathway in patients with Henoch-Scholein purpura nephritis 2000年 Am J Kidney Dis
論文 Abnormal regulation of transforming growth factor-β receptors on vascular smooth muscle cells from spontaneously hypertensive rats by angiotensinⅡ 1998年 Hypertension
論文 Glomerrular deposition of mannose-binding lectin(MBL) indicates a novel mechanism of complement activation in IgA nephropathy 1998年 Nephropathy Dial Transpl
論文 Syngeneic bone marrow transplantation without conditioning in a patient with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria:In vivo evidence that the mutant stem cells have a survival advantage 1996年 Blood
論文 Molecular basis of heterogeneity of expression of glycosyl phosphatidyl-inositol anchored proteins in paroxysmal nocturnal hemoglobinuria 1996年 Blood

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 C3腎症の概念とその病態 2014年12月 八戸学院大学紀要
論文 Role of complement 3a in the growth of mesangial cells from stroke-prone spontaneously hypertensive rats 2014年01月 Clin Exp Hypertens
論文 Systematic implantation of dedifferentiated fat cells ameliorated monoclonal antibody 1-22-3-induced glomerulonephritis by immunosuppression with increases in TNF-stimulated gene 6 2015年01月 Stem Cell Res Ther
論文 Effects of a spleen tyrosine kinase inhibitor on progression of the lupus nephritis in mice.

2017年

 

  J Pharmacol Sci
発表

脱分化脂肪細胞(DFAT)の腎炎改善効果の検討

 

 共  2015年06月  第58回日本腎臓学会学術総会
発表 高血圧自然発症ラット(SHR)の高血圧腎リモデリングにおける補体C3の役割 2015年06月  第58回日本腎臓学会学術総会
発表  高血圧モデルラット腎臓におけるACOX2発現の検討 2015年06月  第58回日本腎臓学会学術総会
発表 Activation of tissue renin-angiotensin system and establishment of hypertension by complement 3 2015年10月  第38回日本高血圧学会総会
発表 補体C3によるSHRの腎レニン・アンジオテンシン系の活性化から高血圧病態形成 2015年10月 第51回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
発表 Complemet 3 induces pathophysiology of hypertension with the RA activation by EMT in renal medula 2015年12月 第19回日本心血管内分泌代謝学会学術総会
発表 脱分化脂肪細胞(DFAT)のTSG-6を介した腎症改善効果 2016年06月 第59回日本腎臓学会学術総会
発表 Complement 3 induces the salt-sensitive hypertension by induction of dedifferentiation of mesenchymal tissues with activation of renal RA system in SHR 2016年09月

The 17th International SHR

Symposium & The 52nd Annual Meeting of the Society for Hypertension Related Disease Model Research

発表 Increased renal AcylCoA Oxidase2 (ACOX2) expression in SHR/Izm 2016年09月

The 17th International SHR Symposium & The 52nd Annual Meeting of the Society for Hypertension Related Disease Model Research

発表 補体C3はSHRで腎尿細管上皮間葉化(EMT)により腎内RA系を活性化し塩分感受性高血圧を起こしている 2016年10月

第39回日本高血圧学会総会

発表 脱分化脂肪細胞(DFAT)のTSG-6を介した免疫性腎炎の改善 2016年10月

第39回日本高血圧学会総会

発表 新たな腎癌の予後予測因子となる可能性を持つHCaRG遺伝子は、ErbB受容体に依存した腫瘍形成を抑制する 2016年10月

第75回日本癌学会学術総会

発表 補体 C3 は SHR で腎内レニン・アンジオテンシン系を活性化し塩分感受性高血圧を起こしている ~ジンクフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)法による C3 ノックアウト SHR での検討~ 2016年12月

第7回腎不全研究会

発表 免疫性腎炎に対する脱分化成熟脂肪細胞( DFAT)移植による改善効果 2017年03月

第16回日本再生医療学会総会

 

主な社会活動

講演など

項目 期間
メタボとたばこ〜健やかに働くための知識:平成27年度産業保健センター健康講話(建設業労働災害防止協会三八分会) 2015年06月
糸球体疾患の免疫病理、責任細胞と効果分子から病変を探る〜C3腎症の病態と補体系:第16回東京腎炎・ネフローゼ研究会 2015年07月

スポーツリーダーに必要な医学的知識:平成27年度日本体育協会スポーツリーダー養成講習会

2015年10月

腎疾患の最近の動向〜糖尿病性腎症を含めて〜:平成28年度青森県臨床内科医学会八戸大会

2016年10月

過労死等防止のための健康管理〜脳血管疾患及び心臓疾患の予防〜:八戸地方労働基準協会衛生管理者協議会研修会特別講演

2017年01月

学会役員など

項目 期間
日本腎臓学会評議員 1999年04月~現在に至る
日本医師会認定産業医(第0500048号) 2005年05月~現在に至る
日本人間ドック学会人間ドック健診情報管理指導士(認定番号:E080272) 2009年03月~現在に至る
日本人間ドック学会人間ドック健診専門医(認定番号S3929号) 2012年01月~現在に至る

非常勤講師

項目 期間
日本大学医学部内科学講座腎臓高血圧内分泌内科客員教授 2006年02月~現在に至る
八戸看護専門学校非常勤講師 2006年04月~現在に至る
八戸市立市民病院非常勤医師(腎臓内科) 2006年04月~現在に至る

産学官連携

項目 期間
八戸市保健・医療・福祉拠点構想検討委員会委員 2005年09月~2006年03月
八戸市総合計画戦略プロジェクト「暮らしの安心」プロジェクト委員長 2006年02月~2006年09月
八戸地域広域市町村圏介護認定審査会委員 2007年04月~現在に至る
八戸市総合健診センター評議員 2008年06月~現在に至る
八戸市医師会学術学習委員会委員、八戸市医師会産業医・スポーツ科学委員会委員 2010年04月~現在に至る

 

自己紹介

医学・医療分野の教育研究を担当しています。また八戸学院大学の学校医として、学生の皆さんの健康維持・増進に尽力したいと思っています。

  • banner_hu-kougi