井川 昭弘

2019年04月01日現在

氏名 井川 昭弘(イカワ アキヒロ/Akihiro Ikawa)
所属/職位

八戸学院大学 健康医療学部 人間健康学科/准教授

最終学歴/学位 上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期退学/修士(法学)(九州大学)
主な経歴

1999年 純真女子短期大学非常勤講師(2000年まで)

2006年 愛知淑徳大学非常勤講師(現在に至る)

2009年 国立音楽大学非常勤講師(現在に至る)

2011年 日本カトリック神学院非常勤講師(2019年まで)

2016年 長崎純心大学非常勤講師(現在に至る)

2019年 八戸学院大学健康医療学部人間健康学科准教授(現在に至る)

主な所属学会

中世哲学会、日本カトリック神学会、日本倫理学会、日本法哲学会、上智人間学会、上智哲学会

連絡先 TEL:0178-25-2711(大学)
FAX:0178-25-2729(大学)
E-mail ikawa-1013@hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 カトリック社会倫理学、キリスト教哲学
研究テーマ

現代のカトリック社会倫理学、自然法論

担当科目
(2019年度)

宗教学、キリスト教概論、生命と倫理、基礎演習、初年次セミナー(建学の精神)

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 自然法倫理学における徳論―ヨハネス・メスナーの場合- 2012年9月  日本カトリック神学会誌
論文 人格性と個体性―人間存在の形而上学的な二原理について― 2016年3月 長崎純心大学「マリタン研究会」論集
論文 現代家族とカトリック教会 2017年8月 日本カトリック神学会誌

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 自然法と教育-自然法倫理学の立場から― 2019年9月刊行予定 カトリック教育研究
論文 H.J.ヘーンの生態学的社会倫理学 2019年2月 上智人間学会誌
研究ノート 神谷美恵子の『生きがいについて』の現代的意義 2019年1月 日本カトリック神学院紀要

 

主な社会活動

項目 期間
スピリチュアルケア研究会(名古屋)代表 2015年から現在に至る
八戸市自殺対策ネットワーク委員 2019年から現在に至る
   

 

 

自己紹介

 愛知県出身ですが、福岡、東京を経て八戸に参りました。クラッシック音楽が趣味です。

 世の中ではいろいろなことが言われていますが、面倒くさがらずに自分の頭で本当のことを考えてみることが大切であると思っています。また現代では忘れられがちな「霊性」の世界を探求してみたいと考えています。青森の地にはいまだ「霊性」の息吹が感じられるような気がしてなりません。

 

  • banner_hu-kougi