理念・目的・目標・方針

健康医療学部

 

教育理念 

健康と医療について学際的な見地から総合的に探究できる人材を育成する。

 

 

教育目的 

こころとからだの健康と医療についての学びをふまえ、幅広い分野の研究・指導・実践ができ、地域住民の健康増進と地域の保健医療の向上に貢献できる人材を育成する。

 

 

教育目標 

  1. 健康と医療の基礎知識から教育面や政策に至るまで、医学・体育・心理・看護・福祉・環境・栄養等の幅広い分野の研究・指導・実践ができる能力を身につけさせる。
  2. 健康増進と保健医療の分野において、地域社会が要求する健康ニーズに対応できる能力を身につけさせる。

 

 

健康医療学部人間健康学科

 

人間健康学科の教育目的

こころとからだの健康についての学びをふまえ、幅広い分野の研究・指導・実践ができ、現代社会における健康に関するニーズに対応できる人材を育成する。

 

 

三つのポリシー(方針)

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 豊かな人間性と高い倫理観、主体的な判断力、行動力、コミュニケーション能力を身につけ、地域の文化や特性について理解している。
  2. こころとからだの健康に関する学問の基礎を理解し、将来の進路を踏まえて自主的に課題を探究し、対応できる能力を身につけている。
  3. 医学・体育・心理・看護・福祉・環境・栄養等の幅広い分野において、現代社会が求める健康ニーズに対応できる能力を身につけている。

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 豊かな人間性と高い倫理観、主体的な判断力、行動力、コミュニケーション能力、地域文化の理解を養うために、建学の精神に関する科目、基礎演習、日本語リテラシー、情報処理基礎、語学、地域文化論等の必修科目を含む多様なリベラルアーツ科目を配置する。
  2. こころとからだに関する健康科学の教養を獲得するための学科必修科目と、医学・体育・心理・看護・福祉・環境・栄養等の幅広い分野の基礎と実践力を身につける学科選択科目、将来の進路について自主的に考えるためのキャリアデザイン科目を配置する。
  3. 現代社会の健康ニーズに対応できる能力の育成を目指し、「スポーツ科学コース」と「健康科学コース」の2コースをおき、資格・免許の取得のために「スポーツ科学コース」には「教育職プログラム(保健体育)」、「トレーニング指導者プログラム」、「健康科学コース」には「教育職プログラム(養護・保健・看護)」、「認定心理士プログラム」「社会福祉士プログラム」をおく。

 

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)と判定方法

 深い教養とリテラシーを身につける意欲と、こころとからだに関する学問領域に強い興味と関心を持って主体的に学ぶ意欲を有し、医学・体育・心理・看護・福祉・環境・栄養等の幅広い分野の学びを通じて、将来において、現代社会が求める健康ニーズに先駆的に取り組んでいこうという強い意志を持っている人を受け入れる。

 

【健康医療学部人間健康学科の具体的な受け入れ方針】

  1. 深い教養とリテラシー、こころとからだに関する学問領域に強い興味と関心を持って、主体的に学ぶ意欲を有している。
  2. 現代人の健康ニーズに先駆的に取組んでいこうという強い意志を持っている。
  3. 「教育職(保健体育)(養護・保健・看護)」、「トレーニング指導者」、「スポーツリーダー」、「認定心理士」、「社会福祉士」の資格取得を目指している。
  4. 高等学校における「国語」、「数学」、「外国語(英語)」の基礎科目のほかに、「科学と人間生活」、「生物基礎」、「生物」のいずれか1科目を学習し、十分な基礎学力を身につけている。

 

【入学者選抜における判定方法】

  1. 深い教養とリテラシー、こころとからだに関する学問領域に強い興味と関心を持って主体的に学ぶ意欲を有していることについては、書類審査と面接により判定する。
  2. 現代人の健康ニーズに先駆的に取組んでいこうという強い意志を持っていることについては、書類審査と面接により判定する。
  3. 「教育職(保健体育)(養護・保健・看護)」、「トレーニング指導者」、「スポーツリーダー」、「認定心理士」、「社会福祉士」の資格取得を目指していることについては、書類審査と面接により判定する。
  4. 高等学校における「国語」、「数学」、「外国語(英語)」の基礎科目のほかに、「科学と人間生活」、「生物基礎」、「生物」のいずれか1科目を学習し、十分な基礎学力を身につけていることについては、書類審査と学力検査により判定する。
  • banner_hu-kougi